車のドアロックのトラブルシューティング

それらを交換する必要がないことの短い、あなたの車のドアロックで間違って行くことができる大きな問題はありません。交換も簡単な手順です。問題があるときは、車のドアのロックを見てから、それらを交換してください。ほとんどの場合、数分で問題が解決されます。

冬には、水分が車のドアロックに入ることがあるので、キーを回すときに開かないので、キーがまったく回転しません。 WD-40を手元に置いておくと便利です(車内ではなく家や車庫に保管してください)。車のドアのロックを少し入れて約30秒待ちます。鍵をロックの中に戻すと、鍵は簡単に回転します。

ステップ1 – 凍結ロック

雨天で車両が数ヶ月間座っていた場合は、錆びた車のドアロックが可能です。もう一度、WD-40をロックの中にスプレーし、約1分間待ちます。鍵を挿入して鍵を回してみてください。最初は難しいかもしれません。キーを揺らす。すぐに動き始め、車のドアを開けます。

ステップ2 – 錆びたロック

ステップ3 – キーが機能しない

キーがロック内で回転しても、ロックがかみ合っていないようであれば、ロッドから外れる可能性があります。車の中に入ることができれば、この問題に取り組むことができます。まず、スピーカーカバーとアームレストを外します。これらのネジを外す必要があります。ドアパネルを所定の位置に保持しているプラ​​スチッククリップから静かに引き出してドアパネルを取り外します。

ドアのハンドルを外してから、その作業を支えているクリップを取り外します。それは車の中で無料で来るでしょう。これにより、車のドアロックに接続するロッドにアクセスできます。ロッドを見てください。それは車のドアロックに接続する必要があります。それが接続されていない場合は、それを元に戻して、きつくて安全であることを確認する必要があります。これを行い、外部からキーを回してみます。ロッドを動かすとドアが開きやすくなります。

ステップ4 – 壊れた鍵

車のドアロックでキーを壊すことは、多くの人が経験したことです。この時点では、車のドアロックを交換する以外に選択肢はありません。別の方法で車に入ることができる場合は、そうして、ロックが機能していないという手順に従ってください。

ロッドをロックから外し、1対のプライヤを使用して、車のドアハンドルをロッドに取り付けるボルトを外します。ハンドルを所定の位置に保持し、ハンドルを取り外すクリップを外します。古い車のドアロックにスナップリングを動かし、クリップを取り外します。この時点で古いロックを解除することができます。新しいものを入れ、ハンドルとドアを再組み立てします。