パネルソーのトラブルシューティング

パネルソーは非常に便利で多用途なツールです。それは床面積をほとんど必要とせず、良好で鋭い切れ目を作ります。それはあなたがするために大量にカットしている場合は特に便利です。他のどのようなものでも、パネルの鋸で問題が発生する可能性があります。問題のトラブルシューティングを自分で行うことができます。それらの多くは非常に簡単に解決できます。

パネルソーがオンにならない場合は、いくつかの点を確認してください。開始するには、パネルの鋸が差し込まれていますか?プラグがコンセントにしっかりと接続されていることを常に確認してください。すべてがうまく見える場合は、回路ブレーカがトリップしたかどうかを確認してください。それがあったら、それをリセットしてください。別のアプライアンスを差し込んでコンセントをチェックし、動作しているかどうかを確認します。そうでない場合は、コンセントを修理する必要があります。問題が解決しない場合は、パネルソーに問題があることを知っているので、さらに問題を調査する必要があります。

ステップ1 – パネルソーがオンにならない

カットの途中でパネルが停止している場合は、スイッチをオフにしてから、コードがまだ接続されているかどうかを確認してください。まずソーを切り離してください。コードが抜かれた場合は、コードを再び差し込んでから、ソーを元に戻してください。そうでない場合は、次にオン/オフスイッチが正しく動作することを確認します。不明な場合は、マルチサイトを使用してください。

ステップ2-パネルは停止した

時間の経過とともに、パネルの鋸の刃が鈍くなります。それをシャープにするか置き換えることができます。いずれにしても、ブレードの取り外しと取り付けの手順に従う必要があります。スイッチがオフになっていることを確認し、ブレードを交換する前に安全を確保するためにソーを抜きます。

ステップ3 – ブラントブレード

パネルソーの一般的な問題の1つは、オン/オフ制御であるロッカースイッチを交換する必要があることです。これは、失敗したか、単に使用中に疲れてしまった可能性があります。原因が何であれ、それは簡単な仕事です。鋸を抜きます。スイッチの後ろには、コネクタでスイッチに接続する2本のワイヤがあります。それらを削除して、スイッチのどこに参加しているかを確認します。スイッチには両側にクランプがあります。一緒にピンチして押すと、スイッチが飛び出します。新しいスイッチを入れ、ワイヤを接続し、ソーを再び差し込みます。スイッチを入れてテストします。

ステップ4 – ロッカースイッチ

パネルソーが作動せず、コンセントやロッカースイッチに問題がない場合は、ほぼ確実に配線されます。配線を見る前に、ソーを抜きます。プラグからソーを通る配線をトレースする必要があります。最も可能性の高い原因は、ワイヤがどこかにゆるんでしまったり、壊れていることです。断線や断線が確認されたら、ワイヤコネクタを再接続して使用するか、回路を完成させることができます。ワイヤーが十分に絶縁されていることを確認してください。パネルの鋸のプラグを差し込み、再度オンにしてテストします。

ステップ5 – 配線