壁紙6 – 壁紙のカット、ペースト、浸漬

エラーのマージン:正確

あなたは今、あなたの最初の壁紙をカットする準備が整いました。天井と床に2インチの重なりがあるように用紙をカットする必要があります。この余分な部分は後で切り取られます。また、パターンが天井線で折れてしまいます。最も魅力的だと思うあなたはそれをカットし、ベースボードと天井の線に合う場所をマークする前に、各部分を壁に当ててください。

壁紙に浸る

ストレートエッジとハサミまたはユーティリティナイフを使用して用紙をカットします。ユーティリティナイフのブレードを頻繁に交換して、紙が裂けないようにしてください。

壁紙の貼り付けと予約

私たちのビデオを見ることができるようにAdobe Flash Playerを入手する必要があります。

エラーのマージン:正確

裏にペーストが広がる必要があった古いタイプの壁紙とは異なり、今日のほとんどの壁紙には、すでに適用されている接着剤があらかじめ貼り付けられています。あなたは単に壁紙を水に浸して掛けるだけです。ただし、製造元の指示に厳密に従うように注意してください。用紙をトレイに浸す必要がある一定の時間があるだけでなく、トレイから取り出した後に適用する前に「硬化」する必要がある一定の時間があります。この時間は製造元によって異なりますが、通常は数分です。

ほとんどの専門家は、貼り付け済みの壁紙にも貼り付けを適用します。彼らはそれが適切に遵守されることを追加保険が欲しい。適切に準備された壁に高品質の紙を貼り付ける必要はありません。疑わしい場合はサプライヤーに相談してください

紙をぬるま湯の皿に入れて巻き上げます。パターン側が入っていて、トレイは、吊るす領域の直下の壁の横に配置されています。トレイから取り出したら、壁紙を貼り付け、貼り付けた面を貼り付けた面に折り畳んで平らにします。用紙をゆっくりと折りたたんで折り目に折り目をつけないようにしてください。これは「予約」と呼ばれています。塗布する前に最大幅に硬化させてください。紙が硬化している間は、紙に埃や汚れが付着しないように注意してください。