電動ドリルで旅行する:空港の規制とアダプター

セキュリティに関する空港の規制が厳しくなるにつれて、無害であると考えられる多くのことが安全とはみなされません。電気ドリルで移動する必要がある場合は、ここで知っておくべきことがあります。

バッテリーは、電動工具用のバッテリーであっても、荷物を置いてキャビンの下に保管する必要があります。ラップトップ、mp3プレーヤー、携帯電話などのバッテリは、デバイスに接続されている場合に限り使用できます。しかし、パワードリルでは、それらを詰める必要があります。あなたのドリルに特別なバッテリーパックがなく、標準のバッテリーを使用している場合は、あなたには特別なものは持てません。バッテリは危険な爆発物になる可能性があるため、潜在的な危険性があります。

バッテリー

ドリルの余分なビットでどのように旅行するかは、飛行のタイプによって若干異なります。国内線は、安全に包まれ、脅威にならない限り、あなたといくつかのビットを運ぶことができます。あなたは、荷物の残りの部分に特定の種類のビットを配置する必要があります。これを避けるには、すべてのビットをまとめてチェックしてくるスーツケースに貼り付けてください。国際線は少し異なります。あなたは飛行機に乗ることができません。

ビット

あなたのドリルのためのアダプターを持っている場合、これらはまた、荷物を積み荷に保管する必要があります。電気ドリルに使用可能なアダプタの多くは、潜在的な武器とみなされ、おそらく危険です。このため、飛行機に乗せて運ぶことはできません。

その他のアダプタ

国際的に旅行する場合は、税関に対処する必要があります。あなたがどんな種類の道具を持って旅行しているのであれば、あなたのバッグがチェックされると期待できます。危険とみなされるものは没収することができます。これを避けるには、ツールを持ち運ぶ代わりにチェックすることができます。

税関の取り扱い

あなたが絶対にあなたの道具で旅行する必要がある場合は、飛行機に乗せずに、それらをあなたに運ぶことを検討してください。電動ドリルは高価になる可能性があるので、合併症を避け、空港の安全保障によって没収される危険性があります。あなたがそれらを出荷するのが不自由で、あなたと一緒に飛行機に乗せられるように設定されている場合は、あなたの荷物でそれらをチェックしてください。損害を心配している場合に発生する損害の損失を補償する旅行保険を購入することができます。休暇中にドリルを購入した場合、クレジットカード会社は損害をカバーします。これらのアイテムをあなたと一緒にキャビンに運ぶことを試みることのリスクと不便さに値するものではありません。

問題の回避