ツール – サンディング

仕上げは、通常、プロジェクトを構築する最後のステップです。仕上げ工具は、所望の仕上がり状態まで何かを滑らかにするように設計されている。

サンディングブロックまたはブロックサンダー。これは、適切な紙やすりで包まれ、手は表面をこすりこまれます。

最も一般的な間違い

サンディング布。これは曲がったまたは丸いオブジェクトには不可欠です。それはあなたの上でより簡単で、さらに多くの仕上げを与えます。

サンディングに関するヒント

パワー軌道サンダー。このパワーツールは、ほとんどのワークショップで使用されています。パッドサンダーと呼ばれることもありますが、理想的なオールラウンドサンディングツールです。壁、天井、床、家具、またはその他の木工品の粗面仕上げまたは仕上げ作業に使用します。

ベルトサンダー。ベルトサンダーは、広い領域や頑丈なサンディングが必要な場所での粗い作業を迅速に行うために設計されています。

ディスクサンダー。ディスクサンダーは、不均一な表面上の木材を迅速に除去するのに役立ちます。ディスクサンディングアタッチメントはドリルアクセサリーとして購入できます。

サンドペーパー。サンドペーパーは非常に粗い(1インチあたり20〜40グリット)から、非常に細かいもの(600グリット/インチ)にまで及んでいます。サンドペーパーに使用される材料は、フリントおよびガーネットエモリーから酸化アルミニウムおよび炭化ケイ素に及ぶ。

フリントは、紙を詰まらせる可能性のある、塗装されたまたはぴったりした表面を研磨する手に最適です。

ガーネットエモリーは、手入れの行き届いた木材を手で磨くためのものです。

木材を研磨する際、酸化アルミニウムは速くて長持ちします。プラスチックやガラス繊維、ステンレス鋼、高炭素鋼、ブロンズの研磨にも使用できます。

炭化ケイ素は、酸化アルミニウムよりも硬く、硬質プラスチック、ガラスおよびセラミック、または真鍮、銅およびアルミニウムの研削および仕上げに最もよく使用される。

エモリー布。これは金属研磨の別のオプションです。

スチールウール。スチールウールは#0000まで粗く#3で使用できますが、これは非常に上手です。ガラス質仕上げの場合は、軽石または腐朽石(分解石灰岩)を使用してください。

一般的には、粗い用紙から始めて、スムーズな仕上がりのために細かい用紙に作業したいと思うでしょう。可能であれば、穀物と砂。