最後にロッククライミングシューズのヒント

ロッククライミングシューズはロッククライミングとボルダリングの両方にとって必須の装備ですが、安くはありません。あなたの靴をできるだけ長くするためには、それらを世話することが重要です。ロッククライミングシューズを最後に作る最大の要因は、彼らが受ける摩耗を確実に知ることです。どのようにそれらを使用して靴を維持することについて勤勉に注意を払うことなく、彼らはすぐにロッククライミングの緊張に屈するでしょう。

Seem Gripは数百万の用途を持つ素晴らしい製品です。シームグリップを使用してロッククライミングシューズのすべての縫い目を覆い、長く歩けるようにします。すべての登山者は、足の形や形が特定のものになるため、悪化し始める問題のある領域が生じる可能性があります。あなたの靴からはるかに多くの人生を得るために特別な着用を受けているエリアをコートしてください。

シームグリップ

靴が濡れやすい場所に住んでいる場合は、ウォーターシーラントを購入して、水分が足底や皮革を劣化させないようにすることもできます。 Seem Gripやその他の化学薬品は、靴の粘着性のあるゴム底から離してください。

ストレージ

最も重要なことに、クライミングシューズは、たとえとても可鍛性であっても、クライミングシューズの形状を変えるような形で保管しないでください。ロッククライミングシューズは、熱によってゴムが脆くなったり変形したりする可能性があるため、直射日光の当たらないようにしてください。極端な熱や湿気によって足裏が剥離する可能性のある車のトランクなどに持ち込まないでください。靴はまた、黴や細菌を繁殖させないように、ダンクスペースから遠ざけておくべきです。靴は完全に乾燥させてから保管してください。

クリーニング

ロックシューズは、重い運動の際に靴下を着用せずに着用されるため、汗をかくため適切に掃除されなければ匂いがかかります。消臭および抗菌食品粉末は、ほとんどの店で購入することができ、ロッククライミングシューズにも適しています。カビやバクテリアを守るために2週間ごとに靴に粉を振りかける。毎回の使用の後、エアーシューズは徹底的に靴を脱ぐ。靴が濡れてしまったら、新聞用紙を靴の中に入れて湿気をすばやく吸収してください。

フットワーク

靴の靴底はしばしばかなり叩かれます。グリップとほこりを取り除くために古い歯ブラシでそれらを払い落とすと、靴の寿命を大幅に改善することができます。そのようなほこりとグリットは軽微に見えるかもしれませんが、ひどい使用で傷や擦れが発生する可能性があります。

卑劣なフットワークは靴に与えられた虐待を最大限にします。靴は、つま先と足の内側の上端に最大の摩耗衝撃を与えるように設計されています。これらは強化された領域です。多くの初心者は、足の配置が十分に正確でないため、靴に過度に磨耗します。流動的な動きであなたのスキルを磨くだけでなく、あなたの靴の乱用を最小限に抑えるために、あなたが動きを引くときに、ゆっくりと慎重に行ってください。