エアコンファンモータの一般的な問題のトラブルシューティング

エアコンのファンモータの問題には、ファンモータが過度に大きく動いたり、ファンが循環していないか、ファンが動作中にシャットオフするなどの一般的な問題があります。これらの一般的な問題は、エアコンが作動しているときにいつでも発生する可能性があり、エアコンが古すぎ、交換が必要であるか、またはエアコンの一部を交換する必要があるという兆候である。

エアコンの問題をトラブルシューティングし解決するための最良の方法は、問題の存在を認識し、問題の原因を突き止めることです。より簡単な問題は、あなた自身が行うプロジェクトとして修正できますが、より複雑な問題が発生した場合は、資格のある修理技術者に任せておくことをお勧めします。

エアコンのファンモーターが大きすぎます

ファンモータが過度に大きく動いている場合、これはエアコンファンに緩みがあり、モーターを邪魔してノイズを発生させるという兆候となります。ファンが必要以上に大きく動いていることがわかったら、実行中のファンの音を聞いて、空気の流れを妨げているか、ファンが正しく動作していないかを判断する必要があります。何が起こっているのかをよりよく理解し、エアコンの動作を回復するために必要な修理を行うために、エアコンのカバーを開きます。

空調ファンが循環していない

空調機の年齢によっては、空調ファンモータが適切に動作してファンを動作させて空気を循環させることができなくなる可能性があります。ファンが部屋の空気を循環させるのが難しくなっているように見えますが、部屋は冷たくなっていないようです。この場合、空調ユニットの効率を高め、適切な機能を回復するために、空調ファンを新しいファンに交換することを検討する必要があります。

エアコンファンモータがオフになる

また、空気が循環しないファンで問題が発生する可能性があるかどうかを確認するために、エアコンのファンモーター内の障害物やルーズな部分を探します。

エアコンのファンモーターが運転の開始または途中で単に停止する場合は、ファンモーターを直ちに交換する必要があります。モータには、何らかのタイプの電気的短絡または動作中に故障する原因となる他の問題があります。これは時間が経つにつれて悪化するだけです。短絡を特定し修正するためにファンモーターの修理を試みることができますが、このタイプの方法で費やす時間と労力は、交換用のモーターを見つけて自分で取り付けるのに役立ちます。