フロントブレーキホースのトラブルシューティング

フロントブレーキホースの問題は、ブレーキペダルを踏んだときに車が応答しなくなる可能性があるため、非常に危険です。そのため、フロントブレーキホースの問題を直ちに解決することが重要です。ブレーキホースはあなたの車の寿命を延ばすために作られていますが、それは常にそうです。

制動中にソフトペダルを経験すると、フロントブレーキホースに問題があることが明らかになります。その時点で、マスタシリンダを調べてブレーキ液の液面を確認する必要があります。それが低い場合は、フロントブレーキホースに問題があるかもしれません。

問題

フロントブレーキホースの問題の主な原因は、ホース自体の損傷です。これは、通常、金属シャーシラインがラバーフロントブレーキホースと接触するところで発生します。通常、これらはクリップによって所定の位置に保持される。しかし、これらのクリップはプラスチック製であり、破損したり、ゆるむ可能性があります。それが起こると、ルーズなラインが削られたり、かさばったり、車両のサスペンションのコンポーネントによって挟まれたりすることは珍しくありません。

損傷

ブレーキラインが腐食する可能性を避けるために、通常、亜鉛メッキまたはアルミニウム処理された金属製です。しかし、これらは時間が経つにつれて腐食する可能性があり、これはフロントブレーキホースの漏れを引き起こします。ラインの腐食の可能性は、フレームの低い点にあるか、金属クリップを使用して車両のフレームにラインを取り付ける場合です。錆が発生するリスクは、冬に長時間塩漬けされた気候で最も重くなります。

ゴム製のフロントブレーキホースは時間の経過とともに腐敗する可能性があります。乾燥した腐敗の影響を受けやすい加硫ゴムから製造されています。それは時間の経過とともに化学物質を失うため、弾力性が低下し、最終的には亀裂が生じます。再び、道路の塩はこれを早めることができますが、年を取るにつれてすべての車に起こる可能性があります。ブレーキホースの定期検査が重要な理由です。この亀裂は、ブレーキフルードの喪失につながる可能性がある。

腐敗

頻繁に起こることはありませんが、古い車では、酸が車のバッテリーから漏れてフロントブレーキホースに着地する可能性があります。酸が希釈されていても、金属ホースとゴムホースの両方を腐食します。ブレーキホースには保護コーティングが施されていますが、酸がこれを分解して腐食が発生します。

腐食

フロントブレーキホースに問題があるときは、それを交換する必要があります。あなたは決してそれにパッチを当てようとしてはいけません。ゴム製のフロントブレーキホースを交換するために新しいラインを取り付けるときは、鋼製のホースを選択する必要があります。これらはいくつかの面で利点を提供します。彼らは長く持続し、ゴムブレーキホースよりも優れた制動応答を提供するように設計されています。ボーナスとして、通常のフロントブレーキホースと同じように膨らみません。つまり、彼らはより多くの圧力をかけることができます。

新しいホース