スタックブレーキライトスイッチを修理するためのヒント

ブレーキライトスイッチはあなたの車の重要な部分です。ブレーキペダルを踏むと、ブレーキライトスイッチが鳴り、ブレーキライトが作動します。ブレーキライトが作動しないと、事故や切符を入手する危険性があります。ブレーキのようなスイッチは何らかの理由で止まることがありますが、修正することも可能です。ブレーキライトスイッチを解除しようとするときに使用できるヒントやテクニックはいくつかあります。以下の記事は、これらのヒントをあなたと共有します。

ブレーキペダルの後ろの車の床に小さなスイッチがあります。これは、錆、天候、ブレーキペダルの踏みすぎ、または破片が詰まっているために詰まってしまうことがあります。あなたの最善の策は、床とブレーキペダルのスイッチをはっきりと見ることができるように、LEDライトを使用することです。スイッチでこれらの問題がないか調べます。指でボタンを押し下げてから、ボタンをポップアップすることができるかどうかを確認してください。ブレーキペダルスイッチが踏み込まれていない場合、またはブレーキペダルスイッチを外していない場合、問題は完全に別のものになる可能性があります。

ブレーキペダルスイッチ

場合によっては、ブレーキライトスイッチが全く故障していないことがあります。その場合は、実際のブレーキランプを確認する必要があります。他の電球と同様に、時間の経過とともに燃え尽きることがあります。ブレーキライトカバーを静かに車から降ろしてから、電球を外してください。同じような電球を購入し、交換してからブレーキをもう一度試して光をテストしてください。それが来たら、問題は修正されました。それが来ない場合は、あなたが払い戻しのために買った光を返すことができます。

ブレーキライト

どの車にもヒューズボックスがあり、そのほとんどは運転席のダッシュボードの下にあります。いくつかはエンジンボックスに配置されているかもしれません。車のヒューズボックスの正確な位置を確認するには、車のマニュアルを参照してください。彼らは典型的には膝が高い。カバーを開けてヒューズボックスを開き、シリンダーまたは溶融したセンターストリップに黒色のヒューズがないか調べます。不良なヒューズを引っ張って交換します。車のヒューズボックスにラベルが付いている場合は、ブレーキライトスイッチを操作するヒューズを簡単に見つけることができます。

ヒューズ

あなたの車のバッテリーは、他のシステムに電力を供給します。バッテリケーブルの接続に問題があることがあります。レンチを使用してケーブルを取り外して、元の場所に戻します。車を再始動し、ブレーキ灯をもう一度試してください。これによりシステムがリセットされ、スイッチが正常に機能します。

カーバッテリー

運転席側のカーマットの下には、取り外されたときにブレーキライトスイッチにアクセスできるパネルがあります。あなたはボルトに適合するラチェットが必要です。内部に入ると、浸食や電線の焼き付き、または固着の原因となるビルドアップを確認できます。

カバーの取り外し